伊東按針祭

毎年8/8〜10伊東にて按針祭が行なわれます。伊東按針祭とはは徳川家康の外交顧問『三浦按針』(イギリス人 ウイリアム・アダムス)が伊東の松川河口で日本最初の洋式帆船を建造したことを記念したお祭りだそうです。

ドドーンと景気良くスタートした按針祭の花火大会。
毎年8/10に行なわれるのですが、今回は土曜日ということもあってか早くから大変な賑わい。
昨年初めて按針祭の花火を体験し、ぜひ『旅のスパイス』でとりあげようと思っていたのです。タイミングよく、掲示板にお越しの伊東市在住の大鉄さんからいろいろご指南いただき大助かり。この場を借りて…大鉄さんありがとうございました。

う〜ん、やっぱり理想はこれでしょう。
寄り添って仲良く二人で花火を見る。
絵になりますなぁ〜(NORI若干おばちゃんモード)

「ヒュー」って聞こえてきそうでしょ?
このタイプが一番「ヒュー」って大きな音で上がって行くのよね。
私の後ろにはちょうど建築中建物を囲う鉄板があって、そこに寄りかかりながら見ると音が反響して倍響いてお腹にどどーんとくる感じ。
なんだか擬音ばかりでボキャブラリない表現かな(笑)

ここ何回か花火を撮っていて思ったこと。
私はこの手の花火が好きらしい。
無意識のうちにシャッターを押しているようでカラフルな花火よりこの手のタイプの花火画像が多いみたい。

空いっぱい花火がはじけた。
あーこの感じをナマで見せてあげたい。

恒例の…
食べ物、食べ物♪やっぱりおいしいモンはかかせませんね。
渚橋沿いの松川遊歩道の屋台にてお夕飯GET!!やきそば、お好み焼き、綿菓子…
いろいろあったけど、私が一番ひかれたのはここのたこ焼き。
『味で勝負』の看板どおりとってもおいしいたこやきでした。

昨年見たちょっと変わった花火は今年は見れず残念。
花火が散った後にふわふわとイモムシみたいな動きをする花火だけが残るタイプでとってもかわいいかったんだけどなぁ。
下の右端の花火がフィナーレの「伊東ガス」提供の15号玉の花火。
15号玉と言われてもピンときませんね。タバコと比べてみるわけにもいかないし…
とにかく大きい花火というか『でっかい花火』と言った方がいいかな。